演題登録ページ TOP へ戻る

■第41回 日本疼痛学会■

■演題登録■

必須入力項目です。

発表種別 一般演題
発表形式 (必須)※
演題カテゴリ(第1希望) (必須)※
演題カテゴリ(第2希望) (必須)※
筆頭著者の職種 (必須)※
筆頭著者の氏名(必須)※ 姓(例)学会、 名(例)太郎
筆頭著者の氏名(ふりがな)(必須)※ せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せいめい
筆頭著者の氏名(英名)(必須)※ ex.) Taro, Gakkai
FirstLast
筆頭著者の所属機関名(必須)※ (例「学術医科大学 呼吸器内科」 のように途中に全角1マスを入れてください)
筆頭著者の所属機関名(英名)(必須)※ (ex.「Example University, Department of Medicine」)
筆頭著者の所属機関番号(必須)※
筆頭著者の所属機関住所の郵便番号(必須)※ (例)123-5678
筆頭著者の所属機関住所(必須)※
筆頭著者の所属先の電話番号(必須)※ (例)03-1234-5678
筆頭著者の所属先のFAX番号 (例)03-1234-5678
筆頭著者の電子メールアドレス(必須)※
発表者
筆頭著者の連絡先住所の郵便番号
(所属先住所と異なる場合のみ、ご登録ください)
(例)123-5678
筆頭著者の連絡先住所
(所属先住所と異なる場合のみ、ご登録ください)

筆頭著者の連絡先住所の電話番号
(所属先住所と異なる場合のみ、ご登録ください)
(例)03-1234-5678
筆頭著者の連絡先住所のFAX番号
(所属先住所と異なる場合のみ、ご登録ください)
(例)03-1234-5678
所属機関名
2.所属機関名 和名 英名
3.所属機関名 和名 英名
4.所属機関名 和名 英名
5.所属機関名 和名 英名
6.所属機関名 和名 英名
7.所属機関名 和名 英名
8.所属機関名 和名 英名
9.所属機関名 和名 英名
10.所属機関名 和名 英名
共著者
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
共著者2の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者2の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者2の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者2の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者3の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者3の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者3の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者3の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者4の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者4の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者4の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者4の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者5の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者5の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者5の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者5の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者6の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者6の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者6の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者6の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者7の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者7の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者7の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者7の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者8の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者8の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者8の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者8の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者9の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者9の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者9の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者9の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者10の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者10の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者10の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者10の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者11の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者11の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者11の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者11の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者12の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者12の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者12の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者12の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者13の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者13の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者13の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者13の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者14の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者14の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者14の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者14の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
共著者15の氏名 姓(例)学会、 名(例)太郎
共著者15の氏名(ふりがな) せい(例)がっかい、 めい(例)たろう
せい めい
共著者15の氏名(英名) ex.) Taro, Gakkai
First Last
共著者15の所属機関番号
(上記の所属機関名の番号を選択してください)
発表者
■演題■
説明 抄録本文は、まず最初にご自身のワードプロセッサーで作成し、コピー機能を使って下段の抄録本文用枠内にペーストすることをお奨めします。
また、以下の記号を用いる時は、この欄でコピーして抄録本文の必要箇所にペーストすることで、より正確な抄録を作成することができます。また、
<sup></sup><sub></sub><i></i><b></b><u></u><br/>は必ず半角文字を使用してください。

上付き文字が必要なときは、文字の前後を<sup>と</sup>で囲ってください。
(例)Na<sup>+</sup>はNa+となります。
下付き文字が必要なときは、文字の前後を<sub>と</sub>で囲ってください。
(例)H<sub>2</sub>OはH2Oとなります。
イタリック文字が必要なときは、文字の前後を<i>と</i>で囲ってください。
(例)<i>c-fos</i>はc-fosとなります。
太文字が必要なときは、文字の前後を<b>と</b>で囲ってください。
(例)<b>太文字</b>は太文字となります。
アンダーラインが必要なときは、文字の前後を<u>と</u>で囲ってください。
(例)<u>アンダーライン</u>は アンダーラインとなります。

抄録本文内で改行を入れたいところには、改行したい文の頭に<br/>を記入してください。

上記の記号との混乱を防ぐため、抄録本文で"<"および">"の記号を使うときは(たとえばp<0.05、CO>2.2が挙げられます)、必ず全角の"<"および">"を使ってください。
(例)×:p<0.05   〇:p<0.05
また、"&"も全角の"&"を使ってください。

下の枠が抄録本文(タイトル、所属機関名、著者名は除く)を記入する欄です。下の枠内に直接図表に書き込むと、抄録集では改行等の関係でずれてしまい図表の体裁をなさなくなります。
また、先頭行も1ます開けずに左詰めで記入してください。ブラウザによって、下の抄録本文の枠が、極端に横長になってしまします。本文の作成に不便な場合は本文の途中で適宜改行指定を入れても結構です。
改行指定は、登録の際自動的に削除されますので、そのまま残しておいてください。

タブ文字は使用しないでください。

次のような旧字体は使用できませんので、新字体に置き換えて入力してください。
✕ 旧字体の例
◯ 新字体の例
演題名(必須)※
(例 心筋梗塞の予後規定因子の解析)
制限文字数は和名70文字になります。また、英名の場合は30words以内となります。
和名 英名
本文(必須)※
制限文字数は一般演題600文字になります。この文字数を超えると登録はできません。
(「<sup></sup>」等のタグは文字数にカウントされません。)
演題を書く時は行末で改行してください。
登録した自分の抄録を参照・更新するためのパスワード (必須)※(半角英数6~8文字)